2017年6月24日土曜日

有名縄師さんのクラウドファウンディング

初めて知りましたよ。
私は女王様にしか基本興味無いですから…
S男界隈には疎いんです。

クラウドファウンディング、調べると面白い企画たくさんありますね。

皆さんの挑戦する姿は輝いて見えますね。
キラキラしていて素敵です。

実は、のちのち公表しますが…面白い企画を考えています。
女王様とマゾ系の作品です(笑)。

人を笑わせられたらなぁ~とか思います。

私も10年後には多少、有名なっているんでしょうか…。
変態で有名になるって、凄い覚悟いるよなぁ…と改めて思います。

子どもが欲しい私には、簡単には出来ないことです。
SM変態への寛容性が将来進むとよいなぁ…と思います。


2017年6月23日金曜日

S女あるある?

たまたま見つけて、『そうかもなぁ…?』と共感したネット記事がありました↓


私は、優しそうな雰囲気・顔立ち…とか言われます。
いかにも…な迫力ある女王様じゃないらしい。
でも内面は似るのかな?と読んでそう思いました。

女王様のキャラによっては、罵倒しやすいから短小・包茎の男性が好きな方が居るみたいです。
『えぇ?!』とビックリです。
女王様も本当に、色々ですね…。
私は巨根好きですから…。

先日、プロの女王様のあるブログ記事を読んで衝撃受けました。
女王様のトラウマが知れる記事でした↓


SM女性のこの手の背景は、前々から知ってはいますが…
毎回驚いて…辛くなります。

ある一般S女さん(苦痛ハード系)とそれなりに仲良くなりました。
ノーマル嫌いな方です。
彼女にも、凄まじい性被害経験がありました。
『本当は、ノーマルになりたい』と本音を教えてくれました。
胸が痛くなりました。

最近はSM愛好家の闇というより、人間の逞しさや生存戦略として見るようになりました。
人生に悲しみの無い人は居ない。
女王様たちを幸せにするM男紳士が増えて欲しいなぁ…と強く思います。

2017年6月21日水曜日

ノーマル(?)のハプバー覗き見した話

今年春にハプバーなる、いかがわしい場所に女性数人で行きました。
カオス状態でない早い時間帯(笑)に、無料で飲めるということで怖々ながら覗きに初めて行きました。

一見すると、オシャレで綺麗な店内です。
私は流行りの音楽なんて知りませんが、どこか欧米の若いスターバンドのライブ版DVDが大きなビジョンでかかっていました。

女性数人で来るのは、多少目立つ部類なのか…早くに男性陣が声をかけてきました。
若くはない、アラフォー位のおじさん達に見えます。
少しずつ自己紹介して、打ち解け合うのが基本ルールです。
※同意ない身体セクハラ等はいけません。店員さんは厳しく見てます。

「ふうこちゃんは、コスプレしないの?」と、エロい目で見てきたオジサンが言ってきたりした。
一般女性客はキャバ嬢じゃないのに、サービスする義務は勿論ありません。

その時の男性陣に、比較的コミュニケーション能力あるオジサンS男が居ました。
私はハード女王様と一緒に行ったので、SM談議やSM情報交換して結構打ち解けれました。

早めの時間に私は帰りましたのでカオス状態は見ませんでしたが…
イケメンなんてほぼ居ない。

正直、こんな不細工男性久々に見たな~とか、そんな感想です。
お店の男性スタッフは特殊な制服でか、半裸でしたが…そのスタッフすらブヨブヨ肉体で目の保養にもなりません。
脱ぐな、気持ち悪い。

M男でも無い、可愛さあるアラサー男性をS女数人でボコボコにはしたので…
それなりには楽しかったです。

ハプバー数回遊びに行ってる男性知人談によれば、他人の性交姿を覗くのが一興とのこと。
でも正直、不細工・ブス・デブの絡み見たくない。
美男美女が主人公な恋愛映画の濡れ場のがきっとエロ綺麗です。

ですが、猥雑さもエロと思います。
エロ汚い感じは、ハプバーで見れる気がしました。

S女数人でボコボコにされた男性は、衝撃体験でその後マゾに目覚めたのだろうか…?
ボコボコにされたその男性は小柄な男性でした。
そして、ペニスも小物でした。
酷い短小ではないが、小物な人はここまで小物なんだ??と驚きました。

巨根に見慣れていた自分に気づいた出来事でした。


2017年6月20日火曜日

女王様の生態、M男の生態

女王様にはバイセクシャルが多い…とショック受けた表現あるM男さんのブログを見ました。
『女王様バイ説』

SM初心者・未経験のM男の方は、女王様のリアルな生態を知らないんだろうな…と感じることは私もありました。
『女王様にバイ多いのは、重要なSM知識だろう?』と、どっぷりSMに浸かった頃に未経験のM男とお話してビックリしたことがあります。

私も過去、セクシュアリティーに悩み孤独でしたが…
S女はそういうのが多い…と知ってからは、気がラクになりました。

マゾは女装好きが多いし、倒錯しているのに…
女王様のバイに驚くのは何よ?とか思ったりします。

M男が女性みたいに喘ぎたい、アナル突かれたい…女装したい…っていう願望あるんだから、女王様にも逆の部分があるんじゃないか。

そこの部分がバイだったりするんだろうな~と感じます。
※個人的な主観ですが。

S的な男性が嫌いだから、ムカムカしているS女が多いと思われます。
そんな世界で『私ってなんだろう…?』と恋愛関係に悩む頃があるのがS女かな…と思います。

そして、femdomの世界を知って…自分の居場所を掴む。
女性性も持つM男に、しっくると来る。
そんな感じかもしれません。

優秀なマゾは、女性上位・崇拝者マゾやフェミニストマゾだということに…パートナー探しスタートすると気づくでしょう。

真面目なSM恋愛やSM婚したいS女は、この優秀マゾとマッチングすることが大事かと思います。
男尊女卑マゾは危険。性格の悪いマゾかと思います(苦笑)。

S女もまた、マゾの生態・種類の違いに気づいて…ショックを受けるのでしょうね。
お互いにショックを受けて…自分探しやパートナー探しをどうするか決めないといけない。

M男も、忠誠心あるM男と浮気性なM男に分かれると思います。

以前私は浮気性な部分を、両思いなりかけたM男に拒否られたことがあります。

それからは、寝取られ癖あるM男が相性合うだろう…と思うようになりました。
そう、こんな風にして…自分とパートナーを探すのだ。

そして、私は酷い女王様なのだ(苦笑)。


2017年6月19日月曜日

音楽家モーツァルトのスカトロ趣味説

今まで、知りませんでした。有名らしいですね。

「モーツァルト、スカトロ趣味もってたんだ~」と思うと天才の素朴な裏の顔が見えて…
身近に(?)感じられる。←なんだそれ…。

このSMコラムは結構前から連載していたようで、たまたま見つけました。

wikiもあてになりませんが(スカトロジー)
当時は、排泄欲も重要な肉欲だった説は興味深いです。

『うんこ漢字ドリル』が流行る今の日本で、モーツァルトが育てば良い息抜きになったんじゃないかなぁ…。

汚ネタ大好きなのに、大抵の子どもはスカトロマニアにはなりません

しかし、現代にも存在する天才キッズ達はスパルタ環境で鍛え上げられていると思われる。
天才イコール変態…。

『うんこ漢字ドリル』の効果で、一部の子どもは立派なスカトロマニアとして育っていくなら、
女王様の需要が無くなることはないんだろうな~と思います。笑

スパルタ教育万歳(?)!!