2017年8月18日金曜日

この芸能人が女王様だったら空想…

私は、ファザコン&マザコン傾向があります。

男性の恋人には、優しいお兄さんタイプの性格を求めます。
やはり頼れる男性が精神的な安定に繋がるのだ。

私は、SM変態とセクマイが混ざった複雑怪奇な人間です。
昔はこのことに、深刻に悩んでいましたが…SM界の人は私の様な人間に見慣れているのか、気にしないので嬉しいですね。
生きるのがラクになってきた感じです。

悩み深い未経験のSM願望者はまず、知人友人つくりからスタートして欲しいです。
生きるのが少しラクになったことに気づくと思います。
それだけ、セクシャル・アイデンティティーは自分の本質であり、重要なのだ。

今年のこれからの目標は、ビアンSMに挑戦なのですが…
ビアンSMでは、スイッチャーの自覚が未経験時代から私はありました。

そこで、この芸能人がビアン女王様だったらよいな~的な、軽~いミーハー記事を書こうかと。

第1位(無意味にランキング)・黒木瞳さん

綺麗だよ!!!美魔女だよ!!!!
リアルでも母をしたことある母性オーラがステキですね。
バブブ…と甘えたいです。

宝塚出身というのも、ビアン空想の最高峰の園(?)であるので…個人的トップなりました。
年上好きのビアン女性で嫌いな人は居ないんじゃないか。
黒木瞳さんが『実は私は女王様なの』と言えば、老若男女が『私のお尻を鞭でお打ちくださいませ』
と言う気がします(笑)。

まぁ本音を言えば、黒木さんからビアンの空気は全く感じません。
本物(?)は、ビアンの空気をピーンと感じたりするのだ。

私は、女性芸能人でドキッとしたことあるのは、とても少ないです。
『なんで、この人にときめくのだろう…???』と思い、不思議なことがありましたが、
あとからレズビアンをカムアウトした大スターでした。

そのスターとは…
ジョディ・フォスターさん
です。

多分、たまたま私がタイプでかつ、彼女がレズビアンだからピーンと来た気がします。

実は近頃、久々に好きな女性芸能人が出来ました。
もしや、彼女はビアンかバイかな…???と悶々としますが、ここでは言えません。
彼女は美少女アイドルですからね。

うら若き乙女な彼女に、劣情抱いてるなんて書いたら…可哀相です…。
その美少女アイドルのツイッターのリプは、クソ野郎のセクハラオンパレードです。
私は怒っている。
劣情抱いても、それそのまま書くんじゃねーよ!!!!!って。

『美しい貴女に癒されています。ありがとう。素晴らしい男性と幸せな結婚してください』と書けよ!!!!!って。

私がもし、この年で彼女の男性ファンだとしても、そう願いますよ。
『あぁ、幸せなって欲しい!神様、彼女に素晴らしい結婚運を授けてあげてください!』って。
『ハーバード大卒レベルのハイパーエリート男性と物心両面豊かに末長く暮らせますように!』って。

芸能人を好きになっても、気持ちの質が違うのが私なのです(ドヤ顔)。笑

2017年8月5日土曜日

かっこいい女性弁護士

先日、女性弁護士さんとプライベートで映画観に行きました。

Twitterで人権派弁護士として、すごいよい人だなぁ…と感じて私は彼女とネット上でチマチマ交流させてもらっていたのです。
私の中身(社会への問題意識部分)を信頼してくれたのか、リアルで遊んでくれることになりました。

正義感ある誠実な人柄で、これぞ弁護士べきたる人物だな…と感じました。
お茶での会話内容も、政治や経済・社会構造への問題意識もとても鋭くて、彼女の主張は間違ってないと思います。

衰退する国に現れる愛国ポルノものに感化されたネトウヨ的な安い愛国心と違って、彼女は本当の愛国心を持つ人物でした。

彼女の、日本と共に死ぬ…的な意思は悲しい気もしました。
素晴らしい人材と思いますから、渡米等して生き残って欲しい…と私は感じたりしました。

彼女は武術も出来るようで、そこらのS女よりも本当に強い女性と思います。
射撃も上手いとか。

本当に強い女性弁護士で、もしSM性癖の女王様ならばM男にモテること間違いないでしょう!

彼女がもし女王様なら、よいM男の条件を教えてあげたかったです(笑)。


2017年8月4日金曜日

私はナルシストM女?

ついにスイッチャーなSM愛好家になってしまった、ふうこです(苦笑)。

仲良いM男友人から、『(私は)キレると凶暴性が凄まじいので、M女で居た方がいいかも…』とコメントもらったりしています(汗)。
そんな危ない女王様じゃないけどな…と思いつつ、怖いS部分は相変わらず持っているみたいです(笑)。

ふと過去を思い返すと…、『縛られた私、可愛くないか?』と思ったことがありました。

過去に私は、元奴隷ポチ(スイッチャー)と緊縛の練習していて…
ポチがスイッチャーと知らない当時の私は、ポチに縛りを教えてもらっていました。

着衣のままで上半身の後手縛りをポチから受けて、アドバイスをもらっていた私。
鏡に映ると、『私、なんか可愛い?!』とナルシスト状態になりました。

初めて本格的な緊縛受けているM女さんを目の前で見た時は、縄がツボのM女さんの存在に驚いたりしていました。

Mな私も可愛い…、それを受容出来たからM女にもなれるのかもしれませんね。

S転した彼氏にもS側の快楽を味あわせてあげたい…と私は思っていますし、
恋人がMで可愛い~という愛玩心理もわかりますので可愛いMを最近は頑張っています。

元々、M男恋人可愛い惚気&自慢記事を書きたかったのですが…
今後どうしていこうかな?と思っています。

私はM女でも可愛いナルシスト記事でいくか、ご主人様礼賛記事にするか…。

ご主人様礼賛記事にすると、お近くの社会主義国っぽくなるか、某A総理の大本営状態へのアイロニーになるかもしれないので面白そうです。苦笑

しかし、大本営発表とSMブログは明らかに違う。
大本営発表では、将軍やらのペニスのことなんか伝えません。

私は伝えてしまう。私のご主人様のペニスは立派だと…!!!!

この国の大本営も、N●KでA総理のペニス情報を毎日毎日伝えるとよいだろう!!!

『本日も、A総理は年齢を重ねていますが立派に朝勃ちがありました。それを夫人が口内でご奉仕されて本日も仲睦まじいご様子でした。夜は若い美女たちと乱交もお楽しみになりました』まで発表せよ!!!!!

なんだこの異常な官製報道は?と気付かせる様に、思い切った過激大本営発表にすれば大抵の民衆は気づくだろう!!!!

気骨のある記者に期待!!!最近は、望月衣塑子さんに注目しています。


2017年7月21日金曜日

M側を知る時…&SMの奥深さ

S転した恋人に合わせて、ライトM女を経験してみましたが…
子どもに戻れる解放感がありました。
退行願望満たされる感じがあります。

S転した恋人に私はショックを受けたのですが…
『可愛かった我が息子が反抗期に入ったショック』の様な感じがありました。
私はM男だった恋人を、子どもの様に見ていた心理を持っていたことに気づかされました。

私の可愛い赤ちゃんが居なくなった感じは、結構ショックです。
素直で可愛いかった息子が反抗期に入った寂しい気分はこんな感じだろうか…(苦笑)。

過去このブログで、重度のマザコンM男は私は好みではない…とか表現した記憶があります。
堂々と『赤ちゃんプレイが好きです』というM男に引いたことが私はあります。
『このM男、私ととても年離れてるのに(上に)…』とか当時感じましたが…
私自身が赤ちゃんプレイ好き派だったから、投影心理で無理だったことに気付きました。

私の今のS転した恋人は年近いですが…
元々無意識レベルで、私は上に年齢が離れた方に惹かれやすいタイプです。
バイでアダルトチルドレンの私は、ファザコンでマザコンなのです。

S転した恋人は若いお父さんで、私は幼稚園児気分が私のM女感想です。
『赤ちゃんの私、放置しちゃダメだよ…』とメッセージに書く私の相手してる恋人は
大変そうです(苦笑)。

Mがワガママ傾向なのは、子ども側だったからなのか…と気づきました。
子どもはワガママなものです。
精神面でのSMの奥深さが理解出来てきたような気がします。




2017年7月20日木曜日

M男は増殖しているのか?

オシャレ雑誌のネット記事で、M男に触れているものがありました。

『小悪魔女子に翻弄される”M男”のエロス』

文中にM側は『受け身がラク得』みたいな表現がありますが…
そうではないと思います。

S転した彼氏に対して、私はS側が喜ぶようなM女セリフを意識して使います。
Sはこれが好きだろう…と読んでいるのだ。

私はS側の快楽を知っている。
ですから、S側が支配欲満たされて気持ち良くなるように演劇しているのだ。

Sを誘う様なM言葉って、慣れませんが…面白いですね。

Sの言葉責めだけでなく、Mの誘惑も重要と感じたりします。